So-net無料ブログ作成
検索選択

#0231@ヤジの意味 [ニュース]

答弁拒否、閣僚席飛び出し…“国会崩壊”の様相(読売新聞) - Yahoo!ニュース
ちょうど、たまたま国会中継をテレビで見ていました。
亀井大臣が答弁中、ヤジに対して「うるさい」と発言した瞬間も見ていましたが、その発言はとても自然なものに思えました。

少なくとも、「大臣がこんなこと言っていいのか?」とは感じませんでしたね。
何しろ、ヤジがうるさくて答弁が聞こえませんでしたから、ワタシでも「うるさい」と感じていましたし……。

で、その後のニュースでそのときの映像が流れ、「けしからん」とか「官房長官が謝った」とか、報道されているではないですか。

ナゼ? と思ったら、亀井大臣は、ワタシが見た答弁のときだけではなく、自分が閣僚席に座っているときにもヤジを飛ばしていたのだそうで、むしろそちらが問題になっていたというわけで。

ニュース番組も、ちゃんと、そのあたりを整理して放送してほしいですよ、まったく。

ところで、そもそも「ヤジ」にはどんな意味があるんですかね?
とくに、現代の国会運営に際しては、事前に質問状を提出してから質疑応答を行っているわけで、答弁だって、ある程度予想できるものしか出てきませんから、そんな状況での「ヤジ」に、何の意味があるのか? と考えてしまいますね。

たしかに、議場がシーンとしていたら、空気が重くなったりするので、その場を和ませるというか、潤滑剤の役目として「ヤジ」が使われることがあるのは、多少は許せますけどね。

でも、だからといって、「ヤジのうまい議員」が評価されるのもおかしいですし、そこのところの技術を磨こうと努力するのも、ちょっと違うんじゃないかと思いますね。

「ヤジは必要。だからレベルの高いヤジを言えることを目指す」というのは、国会議員の努力目標にはしてほしくないということです。

おそらく、党内で権力を持っていない議員(若手など)の中には、ヤジによって、自分の職責を果たしていると勘違いしている人もいるんでしょうね。まったく嘆かわしい限りです。

もっとほかにやることがあるんじゃないですか?

ところで、もし「ヤジ」が国会の常識であるなら、大臣がそれをやってはいけない、という法もないと思いますね。大臣がダメなら、ほかの議員もダメ、ということにしないと。
とにかく矛盾ばかりの世界ですね、国会というところは。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

#0230@観戦か応援か [プロ野球]

球場入場拒否は無効=「鳴り物応援」認めず-ドラゴンズ応援団一部勝訴・名古屋地裁(時事通信) - Yahoo!ニュース
これ、わかりにくいんですが、応援団の入場自体を禁止するのはダメ、でも応援の一環として「鳴り物」を使うことについては、その禁止は球団の判断しだい、ということでしょうか。

たしかに、「チケットを販売しない」という方法で応援団を閉め出すのはどうかと思いますよね。
「鳴り物」に関しては、メジャーリーグでは行われていないことを引き合いに出して、「下品」と言う人もいます。ワタシはそうは思いませんが、応援に使う小道具や大道具で、ほかの観客の入場や整列を妨害してしまわないよう、最大限の配慮をしてほしいですね。

ところで、ワタシ個人の意見としては、名古屋地裁の判断とは違って、
プロ野球の試合に応援団そのものが必要なし」です。

その第1の理由は「視界を遮ることがあるなど、観戦の障害になる」から。

せっかく野球を見ようと思って球場に行ったのに、「目の前は鉢巻き姿のお兄さんとデカい旗」なんてことが何度もありました。内野席の応援団などは、完全にグラウンドに背を向けていますから、ファウルボールが飛んできたときなんか、「この人たち、避けられるの?」とこちらが心配になるほどです。それに、彼らは試合をちゃんと見ているんでしょうか?

第2の理由は、「応援団の人の中に特権意識を持っている人が多い」からです。試合開始前、入場が始まると、応援団の人たちが我が物顔で動き回っています。中には応援の仕方を一般人に教えている人もいますね。そして試合が始まると、ウェーブの動きを促したりと、やたらとディレクションをしたがります。

もちろん、そういう応援団の人たちとの交流を楽しみにしている観客もいると思うんですけど、普通に、純粋に野球を楽しみたい人もいるわけですよ。それぞれがみんな同じ料金を払って入場しているのに、なぜ特定の人や団体に、応援についてディレクションされなければいけないんでしょうか? そういう嫌な思いを過去にしたことがあるので「不要」と思ってしまうわけです。

これら2点の問題が解消されるなら、応援団の存在も認めますけどね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#0229@メルアド集め [デジタル]

「懸賞はずれ」にも当選通知 上新電機が「お詫び」掲載(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
懸賞に応募して、「はずれ」だった人にも当選の通知メールを送ってしまったそうです。「joshin web」の懸賞だったようですね。

賞品が「ブルーレイ・レコーダー」ですからね。もしワタシでも、そんな当選メールが来たら小躍りして喜びますね、きっと。

これはですね。ワタシとしては、「懸賞サイトの担当者の意識」の問題だと思うんですよね。応募してきた人のメールアドレスなどの個人情報を、安易に扱っている証拠なんじゃないかと思えるわけです。
パソコンの画面に大量のメルアドがリスト化されて表示されていても、それがどれほど重要なものか、という「自覚」が足りないんじゃないかとね。

メールソフトの「自分用アドレス帳リスト」を眺めているのと、意識としては大して変わらないんじゃないですかね。ワタシが懸賞サイトの担当者だったら、そんな気分になるかもしれませんし……。

だいたい、ネットの懸賞なんて、「メルアドを集める手段のひとつに過ぎない」、という一面もありますよね。そんな企業のために、これまでに何十回と「ユーザー登録」をしてきました。しかし、そもそも目的が「メルアドを集めるため」だったとすると、そんな「他人の個人情報」になんぞ、気を遣ってくれやしないんでしょうね。

そういう「意識の低さ」が、ひいては「メルアド流出」につながるのではないかと危惧するわけですが……。

先日、上新電機のwebサイトでネットショッピングしましたが、懸賞に気付かなかったので応募しませんでした。残念です。

ワタシも当たりたかったです。もちろん「誤報」の方で。


#0228@110番かけてみる? [デジタル]

ドコモ、「L-02B」の販売を一時停止(japan.internet.com) - Yahoo!ニュース
2件の報告があったそうです。LGの携帯電話で「110番にかからない」という不具合があるそうです。
で、それで調べたらソフトウェアに問題が……。

つまり、誰かが「トラブルですよ」と報告しない限り、ドコモが自分たちで気付くことはなかった、ということなんでしょうか?

もしそうだとすると、LGだけの問題ではないのかもしれませんね。もしかするとほかの機種(日本製のもの)も、不具合の可能性が……。
何しろ、110番なんて、めったにかけませんからね。不具合があっても気付かないでしょうね。

ちなみにワタシも、一度もかけたことはありません。というか、3ケタの数字なんて、ドコモの手続き関係以外では数字を入力したことすらありません。

そういえば、一度だけチャンスがありました。携帯電話が普及し始めた時期でしたけど。
ラーメン屋で食事をしていたところ、クルマが店のドアから突っ込んできたんですね。
そりゃ、驚きました。でも、とりあえず、店の外に非難すると、何と、運転手が車内に閉じこめられているではないですか。

「こりゃまずい」と、その場に居合わせた7~8人は、みんなそう思ったんですね。
「おい、誰か110番、それに救急車呼べ!」と、軽いパニック状態。
「電話はどこだ、公衆電話は近くにないのか? 店の電話からかけろ」
ということになって、誰かがかけたんですね、店まで戻って。

それで「救急車の到着を待つしかない」という状況になって、少し落ち着いた頃、ある人が言いました。

「そういえば、みんなケータイ持ってるんじゃない? これでかければよかったんだよ」

ワタシもおもむろにポケットをまさぐり、「そうだ、ケータイあったじゃん」と思いました。
今なら、きっとすぐにでも携帯電話を取り出すでしょうけど、当時はまだまだ、携帯電話の存在が今ほどには大きくありませんから、つい、忘れてしまうわけですね、普通ではないことが起きると。

ところで、今回の不具合公表を不安に感じ、ドコモユーザーが「試しに110番してみる」ということが多発しないといいですね。つい、かけてしまいそうですから。

それと、今回の報告にあった「2件」に関して、110番した当の本人は、その後、大丈夫だったのでしょうか? きっと、緊急の用事だったんですよね。そうだとすると、つながらなかったとき、アセったでしょうね。通報できなかったことで犯罪に巻き込まれていなければいいですけど。
あっ、もしかすると、巻き込まれた人がいるから、たった「2件」しか報告されていないのかも……、恐い。



#0227@ペンギン販売? [動物]

So-netニュース
動物園のペンギン盗む、ペット店主がバッグに入れ
持って帰ろうとしたんでしょうね、たぶん。
それにしても大胆な犯行ですね。

そういえば、フンボルトペンギンは日本国内では圧倒的に数が多いそうです。繁殖させやすい条件か何かがあるんでしょうか。

しかし、数が多いからといって「お持ち帰り」はマズいですよね。
ペットショップの店長ということは、客に頼まれて「仕入れ」に来たんでしょうか? それとも、元来のペンギン好きで、自分で飼うためだったのでしょうか。ペットショップの店長なら、飼育するための環境整備も何とかなりそうですし、密かに飼うこともできそうですものね。超寒い部屋とか、氷を張った部屋とか、そういう環境を、きっと自分で構築できるという自信があったんでしょうね。もし、無事に持って帰れれば、の話ですけどね。

それにしても、いくら欲しいからといって、「動物園から調達しよう」と発想するところが凄いですよね。「ゾウ」が欲しかったらどうしてたんでしょうか?
もちろん、ゾウは家に連れて行っても困りますし、毎日のエサ代が大変ですから、おそらく諦めるでしょうけどね。
でも、ほかの小動物なら、今回のようにバッグに入れて持ち帰れそうです。人気者のレッサーパンダあたりは危ないですね。ペンギンより抵抗しそうですし、その際にケガを負う(どちらも)可能性があるので、手を出す人はいないと思いますが…。

それはともかく、こういう犯行を、決してマネしないで欲しいですね。とくに子供のみなさん、どんなに動物を飼いたくても、勝手に持ってくるのだけはヤメましょう。お父さんお母さんがとても困りますので。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

#0226@料金割引・海老名IC [クルマ]

約1か月の間「開通記念割引」が適用される
以前、お伝えしました、神奈川県初の「圏央道」となる「海老名インターチェンジ(IC)」(過去ログはこちら)と、連絡道を経て連結された東名高速の「厚木IC」もしくは「横浜町田IC」までの料金が発表されました(ちょっと前のことですが)。

普通車では、「海老名~厚木」が250円、「海老名~横浜町田」が650円となっています。これは、同区間を単独で使う場合の料金設定で、たとえば遠方から東名で来た場合、あるいはその逆の場合は、東名走行分を含んだ、それぞれの区間の料金設定となります。

詳しくはこちらで(PDFファイルとなりますので、セキュリティ設定によってはブロックされます)。

で、この料金、開通日の2/27から、3/31までの約1か月間は、割引料金が適用されるようです。
それがこのニュース。

「海老名~厚木」、「海老名~横浜町田」の単独区間の場合、乗用車で100円引きとなるようです。

「海老名~厚木」 250円→150円
「海老名~横浜町田」 650円→550円

元の料金が400円も違うのに、割引額が同じ100円というのはいかがなものでしょうか?
それに、そもそも、「海老名~横浜町田 650円」って、どうなんですか?
たしかに、このコース、下道で平日の昼間であれば、1時間ぐらいかかることもありますからね。それだけの「価値」、つまりメリットはあるんでしょうけどね。
地元の人は、ほとんど使わないかもしれませんね。それに、そもそも厚木から東京の間は、首都圏区間なので、ETCの割引条件も特殊ですから。

とりあえず、開通したら走ってみますけど……。いや、割引が目当てではありませんけどね。

それはともかく、インターチェンジ付近の道路は、ちゃんと整備されているのでしょうか? それが心配です。何しろ、厚木ICはもともとトラックの出入りが多いインターチェンジですからね。海老名ICは川沿いの土地(川原)に建造されていますので、そこにつながる周辺道路が、一部「水田地帯」を通ります。となると、地盤の強度が心配です。大きくて重いトラックが、ガンガン通っても大丈夫なように、道路を整備してくれると期待してはいますが……。

そのうち、また「現場」をチェックしてこようと思っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

#0225@このパターン [ニュース]

7歳長男傷害容疑で夫婦逮捕、長男はその後死亡(読売新聞) - Yahoo!ニュース
あくまでも、まだ「容疑」ではありますが、虐待の疑いがあるケースです。本人たちは「しつけ」と言っていますので、現段階ではそれを信じるしかないですが……。

以前、このブログでも書きましたが、こういう「子供のせっかん死」がニュースになるケースでは、暴力を受けて亡くなる子供は、「母親の連れ子」である場合が圧倒的に多い気がします。

その理由は、父親、母親、子供のそれぞれにあると思われます。
●父親:子供の扱いに困る→威厳と権力を示そうとする→暴力で支配する
●母親:子供のことで父親に負い目がある→父親を敵にしたくない→父親の暴力を黙認する(加担する)
●子供:父親となじめない→父親に好かれようという態度を取れない→さらに嫌われる→暴力を受ける→母親を悲しませたくないから我慢する

今回のケース(7歳児)のように、ある程度分別がつく年齢になっていると、「遠慮や気遣い」といったものがあるので、それが却って父親の怒りを買うケースもあるでしょう。それに、子供の側に「母親を奪われた」という意識があると、父親にある種の「敵意」を感じ、それが言動に出てしまって、暴力を誘発してしまうことも考えられます。また、そもそも子供には「周囲のおとなに依存して生きる」という本能があるため、ある程度の暴力には、おとなが考えるよりは耐えられると思われますので、それも暴行をエスカレートさせる理由のひとつといえるかもしれません。
端から見ていると、「なぜ、暴力を受けた子供が、ほかのおとなにそれを訴えないのか?」と思いますが、子供は最後まで、自分のいちばん身近にいるおとなを信じています。

そのため、ずるずると「最悪の結果」に向かって……。

こうした「危険な三角関係」を何とか解消できればいいんですけど……。
もちろん、こうした「子連れ再婚」というのは相当数に上るでしょうし、その多くが「三角関係」をうまく乗り越えて新しい人生を送っていると思うんですけどね。

ただ、野生の動物で考えてみると、父親が子育てに参加するタイプの「種」は少なく、また、オスが自分のDNAを残すために、メスが連れている子供を殺す「種」というのもいくつかあります。つまり、それが「オスの本能」だとすると、オスは自分のDNAを持っていない子供を積極的に育てないし、むしろ殺してしまう方が自然と考えられるわけですね。

人間は「理性」でその衝動を押さえつけているのかもしれません。

とはいっても、動物の例はともかく、人間の場合には何とかしないといけませんね。
「法律」で何とかなるとも思えませんしね。

やはり、「母親」の立場の人に、ちょっと頑張ってもらうしかないですかね。まず、父親の暴力を許さないことと、困ったときの「駆け込み寺」を用意しておくこと。身近に相談できる人をあらかじめ想定して、駆け込みのシミュレーションをしておくとか。

こういう場合、やはり「母親」しか子供を守れないと思うんですよね。父親が子供に暴力を振るったら、「次の父親」を探した方がいいと思います。

オトコと別れても、子供を守ってあげてほしいと思います。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

#0224@マスコミのいう関係者 [ニュース]

So-netニュース
総務大臣が、「テレビ報道が情報源を関係者と表現しているのは不適」という自分の発言が「報道の自由」に抵触しそうだと判断したのか、釈明した、というニュースです。

本心は「批判したい」のでしょうね。でも、テレビ局の監督官庁である総務省の大臣ですから、テレビ報道の自由に制限を加えようとしていると解釈されても困るし、はたまた、問題があると断定してしまうと、大臣の監督責任が問われてしまうので、墓穴を掘りますよね。

そこで、釈明して「玉虫色決着」を試みたというところでしょうか。

ワタシ、個人的には「同感」です。もちろん、最初の「不適」の発言に対してです。
だれも公式に発表していないのに、とても重要な情報がテレビのニュースで流れることがありますが、その際、「関係者の説明によると」などと注釈を付けて解説されることに、強い嫌悪感を覚えます。

「だれだよ、関係者って」

と、心の中ではいつもツッコミを入れています。とくに、ここ数日は、現役の国会議員が逮捕され、「次はだれか?」「ようやく本丸か?」という雰囲気の中での新しい情報ですから、「その関係者がだれか?」はとても気になります。

この場合の関係者、つまり重要な情報を握っていてリークするような人物は、警察関係者か、党友の可能性が高いですよね。そういう情報に接する機会がある人物となると、限られてしまいますから。

しかも、もし警察関係者がリークしているとなると、それは恣意的な情報操作という見方もできます。民意を煽るためのリークですね。何らかの謀略というわけです。

ところで、マスコミが情報源を「関係者」とあいまいに表現するのには、もうひとつ理由があると考えられます。それは、「法的もしくは道義的に問題のある手法で情報を入手している」とか、「もしかするとウソかもしれない、裏が取れない情報」と知りつつ、報道している場合です。いいかえれば「ギリギリの情報」だった場合、その情報源を「関係者」とぼかす、ということです。

マスコミには「情報源の秘匿」という死守すべき大原則があるので、どんなに怪しい情報でも、「関係者から聞いた」と表現して発信者を公表しないで済ませることができます。

すべての情報発信者を「関係者」と表現してしまえば、その「質」を問われることがなく、情報に信憑性があろうがなかろうが、同じレベルの確度の情報として視聴者や読者に受け止めてもらえます。また、そういう傾向があることをマスコミは知っているので、さらにそれを利用しているというわけです。

民主党が「国策捜査だ」というような言い方をしているのは、そういう、明らかに警察(検察)関係者からリークされたと思われる情報に簡単に飛びついて、警察サイドの思惑通りに踊らされているマスコミに対して批判したい気持ちの表れでもあるわけです。

「マスコミが警察の世論誘導の策略に乗せられている」

と、民主党の幹部連中は考えているのではないでしょうか。ただ、もしそうであっても、総務大臣という立場では、それを真っ向から批判することもできないんでしょうね。

なんとなく、そんな「ドラマ」が見えたニュースでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

#0223@南極での生活 [自然]

<南極>日本が初の各国基地査察へ 廃棄物の適正処理などで(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
そりゃ、ゴミもたくさん出るんでしょうね。
南極ならではの画期的なゴミ処理方法があるなら別ですが、普通の土地と同じような処理方法しかないなら、南極でもゴミ問題が持ち上がるのは当たり前ですね。

南極は、各国が領有権を主張しないことを前提に、いわば「世界」で管理している大陸です。一部、オーストラリアのように「ここはウチの土地」と主張している国はありますが、基本的には「無国籍」の土地です。
もちろん、そんなキレイごとだけでなく、たぶん、戦争して獲得しても耕作地にはできませんから、あえて取り合いをしなかった、ということもその理由でしょう。

ところで、つい2年ほど前に見たテレビ番組で、「南極基地の生活」についてレポートしていましたが、そもそも、あの南極大陸というところは、観光旅行などで簡単に行ける場所ではないそうですね。
番組ではアルゼンチンから船でアプローチしていましたが、天候が悪いと近づけないとか、結構大変そうでした。外来種を持ち込まないために靴を殺菌したりもしていた記憶が……。

で、その南極生活のレポートでもっとも驚いたのが、「基地の中にATMがある」ということでした。基地の中では食料品や衣料品が販売されていて、それを買うのにお金がいるというんですね。だからATMが必要なんだそうです。
でも、そのATMに補充するお金は、どこから持ってくるんですか? お金を引き出す人と同じ国の人が、本国から預かったお金を持って上陸し、補充するわけでしょ? なんか「ムダ」じゃないですか?
どうでオンラインでつながっているなら、クレジットカードで十分ではないか、と思うんですけどね。

そもそも、通貨の存在理由がわからなくなりますが、要するに、そういう「普通の生活」を極地でも再現したいということなんでしょうかね。文明社会から離れられないと……。

文明社会を再現するなら、当然、ゴミ問題も起きますよね。
もしかすると、雪の下に埋めたりしているんでしょうか?
それとも、燃やしているんでしょうか?
どちらにしても、あまり褒められた方法ではないようですね。

ペンギンがゴミを咥えているのだけは、ちょっと見たくないですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

#0222@受刑者による盲導犬訓練 [動物]

asahi.com(朝日新聞社):育てた盲導犬に「ありがとう」 受刑者たち涙の別れ - 社会
島根県浜田市にある官民共同運営の「刑務所」(あさひ社会復帰促進センター)で訓練を受けた盲導犬が、盲導犬協会に返されたというニュースです。

これは、受刑者の社会復帰のために、「受刑者に盲導犬を育てさせよう」という試みです。

アメリカではずいぶん前から行われてきたもので、とても効果があると、少なくともテレビ放送では、そういう評価がなされていました。その放送では、相手は盲導犬ではなく、「介助犬」でした。
イギリスでも、登校拒否、家庭内暴力などの問題を抱えた青少年の社会復帰プログラムとして同様の訓練が行われていると、やはりテレビ放送で見ました。こちらは「ドッグショー」に出場する犬を育てるものでしたが。

それらと同じようなことが、日本でもすでに行われていたと、今回初めて知りました。

犬を飼っている人ならご存じだと思いますが、犬は飼い主との上下関係、信頼関係が構築されていないと、「わがまま」に育ってしまいます。
その代わり、人間を「色眼鏡」では見ませんから、自分に愛情を注いでくれる人なら、相手がどんな「悪人」であっても「なつき」ます。

刑務所に入っている人は、人間関係がうまくいかなくて、それが原因で罪を犯していることが多いと思われますが、犬といっしょに暮らすことで、「お互いに信頼関係を持つことがどれほど重要かを知ることができるだろう」と、それが、このプログラムの狙いだと思われます。

それと、犬は自分の「前歴」を知りませんから、対等な立場で関係をスタートさせることができますので、それが、受刑者が今後、人間として生きていくための「自信」につながると思われます。少なくとも、訓練している間だけは「前向き」に生きられるでしょうし。

犬との信頼関係の構築は、大変ではありますが楽しいものでもあります。
もし、「ほかの刑務所の受刑者で犬好きの人」がこのプログラムの存在を知ったら、きっと「ウチの刑務所でもやってくれよ」と考えるに違いありません。犬を育てている間に刑期がどんどん減っていくわけですから、こんなに楽しいことはないでしょう(そうなると「懲罰」の意味が薄れてしまいますが……)。

というわけで、ワタシはこのプログラムに本当に「言われているほどの効果がある」なら、ぜひ全国レベルに展開させてほしいと思っていますが、きっといろいろな障害もあるんでしょうね。
ほかの刑務所でも、もしかすると訓練プログラムを始めようとしているのでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。