So-net無料ブログ作成

中国は来るのか(#0319) [プロ野球]

今年は韓国で開催されるらしい
 
日本のプロ野球に夢中になっていて忘れていたが、そういえば「アジアシリーズってあったな」と突如思い出した。

日本シリーズが終わったら開催されるはずだけど、心配なのは、中国と韓国の出方だ。NPB(日本プロ野球機構)はわりと脳天気だし(そう振る舞っているのかもしれないが)、たぶん「普通にやりましょう」と言うだろうけど、国境問題で揉めている両国だけに、もしかしてボイコット? なんて思ったりもする。
 
何しろ、いろいろな国際的会合で中国は日本人との接触を避けようとしているし、文化的イベント(音楽やスポーツ)への参加を見送ったりしているし…。
と思って調べてみたら、今年のアジアシリーズは「韓国」で行われるらしい。知識不足で申し訳ないが、もしかすると、いつの頃からか「持ち回り」になっていたのかもしれない。
 
アジアシリーズ2012開催概要
http://www.npb.or.jp/asia/ 

韓国で開催されるなら、韓国のボイコットは当然ないし、中国も参加するかもしれない。少なくとも、日本に来るよりはハードルは低いはずだ。でも、その韓国も難しい。自国開催なのはいいが、日中問題に気を遣いつつ、自分たちの国境問題もある。と、よくよく考えてみれば、台湾だって状況は同じはず。

今回の参加国は、日本、韓国、中国、台湾、オーストラリアの5か国。最低2か国が参加すれば大会自体は成立するが、もしボイコット国が出てきて、しかもそれを無視して強行開催ということになれば、来年以降のシリーズ開催に禍根を残す。

今頃きっと、水面下ではいろいろな探り合いが行われているんだろうと思う。とくに中国と台湾は、尖閣問題では表向きには協調路線は採っていないが、裏では手を組んでいるかもしれないし。「参加するのやめようか?」などと相談していそうな気がする。

アジアシリーズの日本チーム(まだ決まっていないが)を応援しに訪韓する人もいるだろうけど、スタンドで国旗を振るような応援には要注意だ。相手が国旗を振っていても、日本人が同じことをやると大きな反感を買うおそれもある。
海外の球場で行われる国際大会は、「完全アウェイ」という雰囲気に触れるだけでも貴重な経験になるし、必ずしも整備状況が良好とはいえないグラウンドでプレーすることも、技術力アップにつながると思う。とくにWBCを目前にしたこの時期にそういう体験ができるのはラッキーだ(といっても、国内優勝しチームからWBCに参加するメンバーは数人だろうが…)。ぜひ、何の滞りもなく開催してほしいものだ。
 

こういうことを書くと「平和ボケの非国民」と思われるかもしれないが、国境問題は民間人には解決できないことだし、ある意味では政治家が自分たちの存在意義を強調するために国民を煽っている部分もある。「現実的な文化」の面では、もはやどの国にも国境はない。スポーツ大会の場合、参加するメンバーが「気持ちよくプレーしたい」と考えるなら、応援する側もそういう政治的意図を忘れて「気持ちよく応援すべき」なのではないだろうか。少なくとも、隣国の選手を入国させているうちは、戦争は起きないし、もし関係が悪化しているとしても、それは修復可能な範囲にあるはずなのだから。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。