So-net無料ブログ作成
検索選択

木の車の祭(#0314) [クルマ]

9/30の日テレ「イッテQ」で、いつもの「お祭り」として紹介された「伝統的な木の車の祭」。場所はタイ(Thailand)で、タイとカンボジアの国境近くにある、タイでもっとも高い山で行われた。 

木材で作った車(状の乗り物)で、坂を下るというお祭りで、予選はタイムアタック、本戦はレース形式で勝負するという、れっきとしたモータースポーツ。エンジンはなく、ひたすら惰性で坂を下るという競技。足でこぐのもナシ。

車両規定はよくわからないが、どうやら手作りらしい。車両のサイズは中型と大型があるようだ。エンジンカートと同じぐらいか。ハンドルはY字バー型、ブレーキは足で木材をタイヤに押し付ける方式。映像で見た感じでは、タイヤこそ、ゴムっぽい黒い帯状のものが使われているが、それ以外は本当に「木」のみのようだ。車輪も見た感じは木なので、どうやってタイヤを張り付けているか、ちょっと興味があったが、テレビ映像だけでは見当付かず。

そして、この「お祭りシリーズ」は、宮川大輔が担当なのだが、今回は特別ゲストで、なんと「小林可夢偉」が登場。まさかまさかのバラエティで、しかも、どう見ても、安全上問題のあるロケに参加しているのだ。「ブレーキ、ぜんぜんきかへん」といいつつ、ノーブレーキに近い走りを披露。

宮川、可夢偉ともに結果はさんざんだったが、可夢偉は「悔しい」「リベンジしたい」「次は車を組み立てるところからやろう」などと、まさかまさかの「来年も参加しましょうかオーラ」を発していた。 

もしかして、来年はタイのF1マシンに乗ったりする予定で、その伏線なのかと思ってしまう演出だ。

でも、やはりどうしても納得できないのは、映像ではかなり危険なコースなのに、ヘルメットだけの軽装備で可夢偉が参加している点。よく関係者が許諾したものだと思った。 

もし安全上の問題が問題視されないのであれば、それこそ「リベンジで来年もチャレンジ」が現実味を増す。一応、来年の夏ぐらいにちょっとだけ思い出してみることにしよう。もちろん、イッテQが続いていることが前提だが…。

まあ、イモトアヤコが元気なうちは大丈夫だろう。あの番組は、イモトだけで持っているようなものだから。あの娘の精神力は凄いと思う。どの芸能人よりも体張ってるよな。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。